Sublime Textーインストール方法と日本語化【初心者にも分かりやすく】

スポンサーリンク

 

この記事でわかること

  • Sublime Textのインストール方法
  • Sublime Textの基本的な使い方
  • Sublime Textを日本語化

HTML、CSSを初め、プログラミングに使えるエディタはいくつかあります。

その「いくつか」のなかで最も人気があるエディタが『Sublime Text(サブライムテキスト)』です。

もちろんSublime TextはWindows、Macでも使用することが出来るのでOSを気にすることはありません。

 

ですが、Sublime Textはダウンロード時では英語表記のため、日本語化をするためのパッケージを導入する必要があります。

そこで今回は、Sublime Textのダウンロードから日本語化までを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

Sublime Textのインストール方法

早速、Sublime Textのインストール方法を説明します。

私のPCがWindows10なので今回はWindowsを使ってインストールしていきましょう。
(基本的にMacもインストール手順は同じです)

手順1 : Sublime Textのファイルをダウンロード

sublimetext_top

まずは、『Sublime Text』のサイトにアクセスします。

アクセスをしたら、赤線の枠内にあるリンク(アンダーバーが付いてるやつ)からご自分の環境にあったパッケージをインストールしてください。

クリック後自動的にインストールが開始されます。

先程も記述した通り、今回はWindowsをインストールしています。

手順2 : 先程ダウンロードしたアプリケーションを展開してみよう

sublimetext_download

手順1でダウンロードしたファイルをダブルクリックで展開。

その後はナビゲーションに従ってインストールしていきます。

手順3 : Sublime Textのショートカットを作成

sublimetext_shortcut

これはお好みですが当サイトではショートカットの作成を推奨します。

 

矢印が指している黒とオレンジのアイコンを選択して、左クリック。

その後、『ショートカットの作成(S)』をクリックして、生成後、デスクトップにでも移動すればSublime Textの大まかなインストールは完了となりなります。

お疲れ様でしたm(__)m

 

しかしまだ、重大なSublime Textの日本語化が残っているので引き続き読んで下さい

スポンサーリンク

Sublime Textの基本的な使い方

sublimetext_application

Sublime Textのコンセプトは『恋に落ちるエディタ』です。

まさにコンセプト通り、Web関係者から絶大な支持を受けているのです!!

 

では、なぜWeb関係者がこぞってSublime Textを使うのかと言うと…

① 無料で使える
② 自動保存をしてくれる
③ 操作性のシンプルさ
④ 拡張機能の豊富さ
⑤ とにかく捜査がが軽い、軽すぎるっ!!

ざっと挙げただけでもこれほど多くの魅力があるのです。

そりゃあ、Web関係者からの支持がすごいわけですね(^^♪

 

本題の基本の使い方はと言うと…

まあ、テキストエディタなのでコードを打ち込むだけである程度は使うことが出来ます。

 

他には、Sublime Textのプラグイン(拡張機能)やショートカットキーを使いこなすことでより効率良く、的確にコーディングをすることが可能になります♪

Sublime Textの主に使うショートカットキーやおすすめの拡張機能はまた別の記事で紹介させてもらいますね。

PackageControllをインストール

PackageControll(パッケージコントロール)をインストールします。

「なんでPackageControllとやらをインストールする必要があるのか」と疑問に思う人もいるでしょう。

 

先程言ったように、Sublime Textにはたくさんの拡張機能(パッケージ)が存在しているのですが、拡張機能をSublime Textに取り組むためには、このPackageControllをインストールする必要があるのです。

手順1 : 『Sublime Text 3 PackageControll』にアクセス

Sublime Text 3 PackageControll』にアクセスしましょう。

そして、Sublime Text3になっているのかを確認してからコードをコピー。

import urllib.request,os,hashlib; h = ‘6f4c264a24d933ce70df5dedcf1dcaee’ + ‘ebe013ee18cced0ef93d5f746d80ef60’; pf = ‘Package Control.sublime-package’; ipp = sublime.installed_packages_path(); urllib.request.install_opener( urllib.request.build_opener( urllib.request.ProxyHandler()) ); by = urllib.request.urlopen( ‘http://packagecontrol.io/’ + pf.replace(‘ ‘, ‘%20’)).read(); dh = hashlib.sha256(by).hexdigest(); print(‘Error validating download (got %s instead of %s), please try manual install’ % (dh, h)) if dh != h else open(os.path.join( ipp, pf), ‘wb’ ).write(by)

Sublime Text 3 PackageControllより引用

「え~、アクセスするのめんどくさい(´・ω・`)」という方は上のコードをコピーしてくださいね♪

手順2 : Sublime Textに戻り、Viewを開く

sublimetext3_packagecontroll_view

  1. Sublime Textの上部メニューにある『View』を開く
  2. Viewのなかにある『Show Console』をクリック

sublimetext3_packagecontroll_view_001
すると上の画像のように白い入力ボックスのような物が出てくると思います。

画像のように白いボックス内に文字が現れない場合はSublime Textを再起動することで解消することがあります

手順3 : 先程コピーしたコードを貼り付け

https://www.yamada-konat.com/sublimetext_plugin

手順1のSublime Text 3 PackageControllでコピーしたコードを白いボックス内に貼り付けます。

 

貼り付けたら『Enterキー』を押してください。Package   Controlのインストールが開始されます。

手順4 : インストールが成功しているか確認

  1. 『preferences』を選択
  2. 一番下に『PackageControll』と表示されているのを確認

上記の手順で確認できればインストールは成功です!!

Sublime Textのプラグインの記事はこちら
Sublime Textのおすすめのプラグインを10個紹介しています
関連記事≫≫≫【Sublime Textのおすすめプラグイン】最初に入れておきたい10個の拡張機能
山田の自由研究

SublimeTextには多くのプラグイン(拡張機能)があります。プラグインを導入することによって作業がスムーズになった…

Sublime Textを日本語表示にする方法

「インストールしたはいいけど、全部英語なんだけど…」

それもそのはず、Sublime Textは海外のツールなのですから(;^ω^)

 

海外ツールだけどSublime Textを使用したいからと言って、英語を勉強するわけにはいきませんよね!!

もしも上司にそのように言ったら、「コーディング始めるのにあと何年かかるんだ!!」って怒られちゃいます…。

そこで、Sublime Textの拡張機能『Japanize』をインストールします。

手順1 : Sublime TextでPackageControllを開く

sublimetext_Japanize_001

Sublime Textを開いて「Ctrl(Command)+ Shift + p」を入力してください。すると上の画像のような画面にPackageControllが開きます。

手順2 : 拡張機能(パッケージ)一覧を表示させる

sublimetext_Japanize_002

上部の入力欄にPackage Control: Install Packageと入力またはコピーすると、候補に『Package Control: Install Package』と出てくるのでクリックしてください。

しばらくするとパッケージ一覧に切り替わります。

手順3 : 日本語変換してくれるパッケージをインストール

sublimetext_Japanize_001

切り替わったら、上部の入力欄にJapanizeと入力またはコピーしましょう。

入力後は『Enterキー』またはクリックをすると自動的にインストールが開始されます。

手順4 : Sublime TextでBrowse Packagesを開く

sublimetext_Japanize_005

  1. 上部メニューより『基本設定』を選択
  2. 『Browse Packages』をクリック
  3. 『Japanizeフォルダ』を開く

上記の手順通り行えば基本的に問題はありません。

 

ここまで来たらもう少しでSublime Textを日本語化できます。

あともうひと頑張り行きましょう(≧◇≦)

手順5 : Japanizeフォルダの中にある”〇〇.jp”をすべてコピー

sublimetext_Japanize_007

Japanizeフォルダの中にある”〇〇.jp”をすべてコピーします。

  1. 『Controlキー』を押しながら右クリックでファイルを選択
  2. ”〇〇.jp”のすべてのファイルを選択したら『Controlキー+Cキー』でコピー

手順6 : 『Default』を作成

『Packagesフォルダ』のなかに『Defaultフォルダー』を作成します。

  1. 『右クリック→新規作成→フォルダー』or『上部メニューから新しいフォルダー』
  2. 『新しいフォルダー』が出来たら名前を『Default』に変更

sublimetext_Japanize_008

『Defaultフォルダー』を作成する際には、スペルミスには十分気を付けてください。
不安な場合はDefaultをコピーしてもOKです。

手順7 : 先程コピーした”〇〇.jp”を『Defaultフォルダー』に張り付け

手順5でコピーしていた”〇〇.jp”を『Defaultフォルダー』内に張り付けましょう。

  1. 『Defaultフォルダー』をクリック
  2. 空の『Defaultフォルダー』内に『右クリック→貼り付け』or『Controlキー+Vキー』で貼り付け

手順8 : ”〇〇.jp”をすべて消す

『Defaultフォルダー』に張り付けしたファイルの名前を変更し、”〇〇.jp”を片っ端から消していきましょう!!

  1. 一番上のファイルを選択。
  2. 『F2キー』で名前を変更
  3. 次のファイルも名前を変更するので『Tabキー』を押す

Windowsユーザーの方は上の手順を繰り返すと楽に名前を変更できますよ(^^♪

『Context.sublime-menu.jp』を名前変更する場合『Context.sublime-menu』になります
※名前変更時に「拡張子を変更すると、ファイルが使えなくなる可能性があります。変更しますか?」という文字が出てきますがシカトしてOKです

すべての”〇〇.jp”を名前変更で消すことが出来たらSublime Textの日本語化は完了ですO(≧∇≦)O イエイ!!

Sublime Textのまとめ

最後までSublime Textのインストール、日本語化の手順に付き合ってくださった皆さん。本当にお疲れ様です。

無事にSublime Textのインストールが完了したことと思います。

これからは、Webサイトの作成なりワードプレスのカスタムなりで思う存分Sublime Text使用してあげてください!!

Sublime Textのテーマの記事はこちら
Sublime Textを日本語化し、必要なテーマをインストールしたらテーマも変えてみましょう!!
関連記事≫≫≫【Sublime Text】おすすめしたいテーマを8つ紹介します
山田の自由研究

スポンサーリンク   この記事でわかること Sublime Textのテーマの入れ方 Sublime Textのおすすめ…

SublimeTextの インストール方法と日本語化
最新情報をチェックしよう!